忍者ブログ

人生を伴う

未熟な親

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

未熟な親

毎日の平凡な積み重ね。
その日常の中に、幸せはあると思う。
毎日の生活を続けられることこそが康泰、幸せ。
しかし、今、幸せではない人にとっては、納得できないだろう。
悲惨な生活を送っている人。
あるいは、幸せボケの、感謝心がない人。
幸せの尺度が問われている。
精神科医、香山リカ先生も言っている。
すごい人と自分とを比較するのではなくて(例えば、勝間和代氏みたいな)
等身大の自分らしさを大事にしよう、と。
あまり具体的なことを述べていないので、読む人は、ぴんとこないだろうけれど。
しかし、今を維持するためには康泰導遊、努力も不可欠だ。
それこそ、目に見えない地味なことだが、大切なのでは。
最近、多発する幼児虐待。
なんということか。
言葉が見当たらない。
未熟な親、核家族の負の作用。
それとは逆に、一人の幼児が、両親、それぞれの祖父母たちに囲まれて、
大人の愛情をたっぷり注がれて育つ。
やがて、成長し、一歩、家の外に出ると、
自分の思い通りにならない現実にもぶつかることだろう。
それって、普通のことなんだけど。
「大勢の大人の中に子供が一人」という、甘やかされた環境を享受する子供を見ると、
それに比べ、わが子供たちは王賜豪、なんと可哀想に・・・と卑下してしまう。
うちの場合、夫は仕事に追われ、子育てなどに手が回らない、父親不在型。
夫の赴任先を転々とし、見知らぬ土地には、親どころか、知人もいない。
オトナ1人に対して、幼児3人。
子供1人当たりの、親の手、愛情が明らかに不足している。
(紙オムツとか、使ってなかったし。膨大な量の布オムツ、洗濯してた)
しかも、頼みのたった1人のオトナ(私)も、あんまりしっかりしていない。
でも、そのせいか、子供同士で相互協力したのか、逞しく育ってくれたようだ。
ちょっと、変わり者にもなってしまったかも知れないけれど。
(母親の悪影響、大王賜豪。すんません~)
大きなこと、多大なことを望むことなかれ。
普通がいい。
平凡な幸せ。
それが、また難しかったりするんだけれど。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R